So-net無料ブログ作成
検索選択

京大、遺伝子異変を防ぐ「鍵」を解明


がんは遺伝子の突然変異により他の悪性組織に変化してしまう
病気ですが、その遺伝子に、突然変異が起こらないよう「鍵」
をかけてします仕組みを、京都大学白川教授チームが
解明した、という華々しいニュースがありました。

伊豆箱根バス メソセラピー
 
「メチル化」というのが、遺伝子異変を起こらないようにする「鍵」
なのですが、教授らはUHRF1というたんぱく質に注目し、同物質が
メチル化により遺伝子の異変が起こらないようにする働きをしていることを突き詰めた・・
というものです。
 
この仕組みの応用により、ガンの転移や進展を防いだり、iPS細胞を作ったり
幅広い分野での適用が期待できると思われます。

幻のチーズケーキ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(8) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。